スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マブラブ、オルタ終了。

この間、マブラブ、マブラブオルタネィティブ終了しますた。
いやぁ、長かった。2作あわせて2週間近くぷれぃしてた気がします。
しかし長い分の飽きは全くこなかった、そこまで作品にのめりこめてたということになりますが。

正直なところ燃えげーはあまりやったことがなく、「燃え」ということに関しては無知。
そのせいなのかは分からないが毎戦闘、その熱さに涙ぐんでたのも事実です。
マブラブエクストラ編は王道の学園ラブコメ。
内容はありがちな展開にありがちなEND。
ここからどうやってアンリミテッド編、オルタにつなげるのかと
wktkしながらすすめました。まぁ、期待は良い意味で裏切られましたが・・。

アンリミテッド編、オルタネイティブは並行世界の戦争している世界の話。
こっからさきは若干ネタばれになりそうなので追記にしまする。
見てもいい人は見てくださいな。
アンリミテッド編は世界感の紹介だったのでしょうか。
今思うとそう感じます。
ただ、重要なフラグは相当たっていたので終わった後は多くの謎が残ってました。

そういえばオルタネイティブの発売は相当延期したみたいですね。
さくらさくらの延期の比にならないくらいw
当時リアルタイムでプレぃしてた方たちはそうとう悶々とさせられていたのでしょうかw

んで、オルタネィティブへ。

立ちキャラの細かな表情の変化、立ち位置の移動、外に出れば白い息を吐く演出。
1場面の中でもそれぞれのキャラがいろんな表情や動きあり。
まるで映画を見てるような臨場感あふれる演出に脱帽。
文面以外からもキャラの感情が読み取れ非常におもしろかった。

ストーリーに関しても、それぞれのキャラに対し細かい設定、ストーリーがあり。
キャラ同志の絡みも非常に丁寧に作ってあったなと感じました。

演出、ストーリーともに素晴らしく、常に感情移入させられてたところに。
まりもちゃくぁwせdrftgyふじこlp;@のグロあり、
主人公の鬱モードあり、
仲間との友情があり、
戦闘によって死んでいく仲間たちがあり。
まぁ、最終的には生き残るのは・・・・といぅ感じなのですがw

そしてマブラブオルタを語るに欠かせないのが「燃え」。
とにかく戦闘は熱い。戦術機は動くし、視点は変わるし、アニメが入るし。
一瞬のためにここまでするのか・・・という製作者達の妥協を許さない熱い心を感じました。
どの戦闘でも熱い戦闘があり、仲間が死に、生き残った者たちが彼らの信念を受け継ぎ、
仲間の死を乗り越えて成長していく姿に毎戦闘ごとに涙ぐんでました・・・w
まぁ、もともと涙もろいんですがね・・・w抜きげーでも涙ぐめるほど。
あとはとにかく主人公がかっこよかった。
もぅスーパーハイパーエクストラギガンテック(ry主人公と言いようがないほど
成長率が半端なぃ。
普段の成長率もさながら、まりも先生の死から立ち直った時の主人公の成長といったら。
ここまでものわかりの良い主人公は見たことがないw
毎回の困難と挫折を乗り越えて強くなっていく主人公は非常に頼もしく感じました。
いゃ、おまえはすげぇよ・・・と画面に向かって呟きたくなるほどに。
仲間との絆も主人公の感じる絆と同じ絆を感じる描写、
そのおかげで最後の戦闘は涙なしでは見られなかった。

語りたいことはいっぱいあるのですが・・・書ききれない。
猫さんと一回マブラブについて語りあいたいですね。そのまえにFDをやらないといけませんがw


一言でマブラブを表すと
もぅ恐ろしいほどまっすぐで、まったくぶれずにストレートを貫き続ける燃えげー。
というべきでありましょうか。

今までプレイした作品の中でも1、2位の作品でした。
久しぶりに本当に出会えてよかったと思える作品だった気がします。
ありがとぅというべき作品でした。

コメント

コメントの投稿

<%template_p rivate_check>

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア